2014年6月5日木曜日

symfony2でCSV出力(ダウンロード)する

symfony2シリーズ第3弾です。
CSV出力、何かと言われて実装することが多いのではないでしょうか。
FuelPHPではRESTコントローラがCSV対応しており、配列渡すだけなので久しぶりに実装しました。
と言っても良くある実装なのでsymfony2でActionで呼ばれた時の場合でご紹介します。

public function exportAction()
    {
        $header = [
            'ID',
            '名前',

        ];
        $list[] = $header;
        //DBから呼び出した場合はgetArrayResultを使うか自分で$dataを整形して下さい。
        $list[] = [1,'hoge'];
        $list[] = [2,'fuga'];

        $csv = $this->convertArrayToCsv($list);

        $response = $this->render(
                "AcmeSampleBundle::export.html.twig", [
            'csv' => $csv,
                ]
        );

        //Excel対策でUTF-8からSJIS-winに変換
        $contents = mb_convert_encoding($response->getContent(), 'SJIS-win', 'UTF-8');

        //headerのSET
        $response->headers->set('Content-Type', "application/octet-stream; name=hoge.csv");
        $response->headers->set('Content-Disposition', "attachment; filename=hoge.csv");
        $response->setContent($contents);

        return $response;
    }


    //配列をCSVに変換。
    //文字列のエスケープをしてくれるのでfputcsv()を利用
    private function convertArrayToCsv($list)
    {
        $fp = fopen('php://temp', 'r+b');
        foreach ($list as $fields) {
            fputcsv($fp, $fields);
        }
        rewind($fp);
        $tmp = str_replace(PHP_EOL, "\r\n", stream_get_contents($fp));
        return $tmp;
    }

表示するTwig側(例ではexport.html.twig

{{ csv|raw }}

としてます。
rawを使わないとcsv内のクォートなどをエスケープするので忘れないでください。

CSVから配列にする場合のメソッドはこちらです。

PHPでCSVから配列を作る