2016年11月9日水曜日

PHPカンファレンス2016でRDBアンチパターンの話してきた #phpcon2016

全国のそーだいふぁんのみなさん、お久しぶりです。
1ヶ月ほど更新がなかったのですが私は元気です。
表題の通り、PHPカンファレンス2016に遊びに行ってきたのでそのご報告です。
当日のスライドはこちら



今回はRDBアンチパターンということで以下の内容を話して来ました。
またスライドだけでは言葉足らずなので補足記事書きました。
下のリンクで補足記事に行けます




スライドだけでは説明しきれないのでぜひ動画を見てほしいです



それと当日のTwitterまとめ

DBの寿命はアプリよりも長い!DBを救える英雄になろう RDBアンチパターン入門 #phpcon2016 #phpcon2016_2 RDBアンチパターン

内容としてはもっと色々詰め込みたかったんですが60分では私の108式あると言われるアンチパターンをすべて伝えるには不可能でした。
どこかの機会で残りも伝えれればなと思います。
というわけで登壇内容については上記のそれぞれの補足説明を読んでください!!


ではここではメインは私の感想を書きます。


1 PHPカンファレンス2016 in 東京について


PHPカンファレンスは4つの地域全てで参加・登壇することが出来ました。
(もしかして全部でSpeakerしたの自分だけなのでは?)
特に東京は事前に伺って居たとおり規模がとても大きく会場も集客もすごかったです。
実際に私のフォロワーさんでも参加している人が多く、その半面、ご挨拶出来なかった人が多かったので残念です。
もっと分かりやすく挨拶できる場を設ければよかったなぁとちょっと反省しています。

カンファレンス本体で言えば当日についてはこれだけの規模をキレイに統制を取ってるので素晴らしいの一言です。
ただ事前準備のところでは


  • タイムテーブルの告知が遅く、地方勢としてはホテルの予約やスケジュール調整に悩んだ
  • 公式サイト等ではタイムテーブルにはタイトルしか無く、セッションの選び誤解やすれ違いがあったのでは無いかと懸念
  • 当日実際に見れるセッションに限りがあって、見るタイトルが事前に決めれなくて悩ましすぎた
  • そもそも自分の裏番組が見たくて見たくて自分のスライド作りのモチベ維持が難しかったw


この辺ですかね
ただボランティアベースのコミュニティですから無理強いするわけでは無いですし、その懸念点を差し引いても圧倒的に素晴らしいカンファレンスでした。
セッションに関しては録画がすでに公開されており、その苦労はイベント主催経験者としては大変な苦労だとお察しします。
早速ですが見れなかったセッション、全て拝見したいと思います!!
また個人的にはもっと一緒に飲みたかった人が沢山居ました。
ただ時間と場所の制約上、ご一緒出来なかった人が沢山いるのでまた来年も参加したいと思います!!

2 全国でのPHPカンファレンスの総括として

全国4箇所で登壇して思った事はPHPerのパワフルさと寛容さです。
PHPのカンファレンスでもRDBの話を普通させて貰えましたし、他にもPHPに囚われず色んなセッションがありました。
また参加者へ大きく門戸が開かれている印象で参加しやすく、また行きたい!と強く感じさせる運営・内容でした。
来年も遊びに行きたいと考えていますので(登壇するかは別として)各地の皆さん、どうぞよろしくお願いします。

3 登壇者として

PHPカンファレンスは普段のDBを知ってる人にDBの話やアプリケーションの話をするとは逆のアプローチで挑みました。
なので「自分にとっては当たり前でも相手が知らない大切な事」を話そうと努力しましたが何処まで伝わったでしょうか。
特に3箇所で話をした実行計画はそれが出来るだけで1枚も2枚も上のエンジニアになれます。
本当に昔に比べて今は簡単に実行計画が見れるようになったので使ってください。
RDBアンチパターンに関しては@tomzohさんの下記のツイートがキッカケで決めました。



実はPHPカンファレンスにはRDBアンチパターン以外にも


  • RDBデザインパターン
  • RDBチューニング


と2つのテーマで応募してたりします。
機会があれば何処かでまた話をしたいと思います。
気になる方はイベントに是非呼んでください!!
RDBアンチパターンについては好意的意見が多いようなのでやってよかったなぁと思います。
他のアンチパターンについてもどこかで機会があればアウトプットしていきたいと思います。


というわけで以上の3点、PHPカンファレンスのまとめでした。
他のカンファレンスについては次のとおりです


では皆さん来年のPHPカンファレンスで会いましょう!!

PHPカンファレンス2017